Now Loading...

ABOUTOSS(オープンソースソフトウェア)による
自動化ソリューションについて

世界中のテクノロジーは、今やOSS (Open Source Software) なしでは成り立ちません。
iPhone / Androidをはじめとした携帯端末からスーパーコンピュータまで、
さまざまな規模でOSSが活用されています。
株式会社クエリーはOSSの知識・経験を生かし、お客様にとって最適なOSSを活用した
自動化を中心としたITソリューションをご提案いたします。

OSSによる自動化ソリューション

Open Source Softwareを活用、
DevOpsなツール・プロセスで
BPMをお客様と共に

ITは今やクラウドが中心、OSSはクラウドの土台をも担っています。
Amazon AWS / Microsoft Azure といった大手をはじめ、多種多様なサービスが世の中にあふれています。
これらクラウドサービスを支えているのも、やはりOSSです。
グローバルなITの世界では、全てをゼロから生み出すのではなく、
既存のOSSを「部品」として組み合わせ活用、新たなものを生み出すことが標準になっています。

OSSソリューションを活用した
継続的な改善で
お客様のITの価値を高める
お手伝いをいたします。

最適な部品を見極める

OSSの説明図

OSSは今や世界中に溢れています。多種多様なOSSが日々生まれ、日々進化しています。流行・先端・多機能・安定など、選定を一歩間違えるとITそのものが間違った方向に進んでしまいます。 弊社のOSSソリューションは、お客様に最適なOSS・アーキテクチャを用いた自動化を提案いたします。 新規導入はもちろんのこと、導入済み・稼働済みの古いOSSを利用したシステムの更新もお手伝いさせていただきます。

自動化により、開発現場に生み出す力を

開発現場の改善イメージの図

今までのウォーターフォールから、DevOpsへ。仕様に従うだけの開発、終わらないバグ取り、噴出し続ける問題から解放されましょう。

Git, Jenkins といったCIツールから、xUnit系の自動テストツール、JaCoCo, FindBugs, SonarQubeなどの「見える化」ツールを用いたDevOpsまで。弊社の豊富な経験が、お客様の開発に変革をもたらします。
弊社のOSSソリューションでは、お客様の開発現場に応じた段階的なツールの導入を提案をさせていただきます。
プロセスを変革し、リリースサイクルを早め、継続的にユーザへ価値を提供する開発へ。現場に眠っている、価値のあるソフトウェアを生み出す力を呼び覚ましましょう。

自動化により、運用現場に提案する力を

運用現場の改善イメージの図

運用部署は、ITの中で最も利用者とシステムに近い部門です。日々トラブルやクレームと向き合って、1つ1つ問題を解決しています。「縁の下の力持ち」といった言葉で、単なる裏方扱いしていませんか?

弊社のDevOpsソリューションでは、Redmine / Zabbix / DokuWiki などのOSSを活用し、運用現場の力を引き出します。情報を整理し、日々の問い合わせをノウハウに、クレームをニーズに、状況を次の設計に結び付け生かします。 開発部署との垣根を下げ、一丸となって未来の課題に取り組める、攻めの運用への変革をお手伝いします。

定型作業の自動化こそ、ITの神髄

よりクリエイティブに。一昔前は考えられなかったようなことも、OSSの世界では自動化が当たり前です。人手による単純作業にも必ずミスは潜んでいます。不安定で1回限りの人海戦術から脱却しましょう。

定型作業の自動化イメージの図

上記はほんの一例です。クエリーのOSSソリューションは、単なる工数削減のための自動化だけではなく、現場の力を品質向上やサービス向上のために振り分けるための、「クリエイティブになるための自動化」を目指します。

自動化による改革は、一歩ずつ段階的に

OSSで業務改善と言えば、DevOps。DevOpsの典型的なステップは、以下をPDCAサイクルで「繰り返す」ことにあります。(1)全体のプロセスを把握する。(2)課題・ボトルネックを探す。(3)状況確認のためのメトリクス、スケジュール、体制などを計画する。(4)計画に基づき、改善を実施する。

OSSによる自動化で重要なのは、「アジャイル」な方法で段階的に実現していくこと。
一気に刷新する形の改革はその場しのぎで、時間とともに陳腐化、新たな問題を生み出します。

クエリーでは、無理せず段階的な自動化を目指します。開発なら Git / CIツールの導入や自動テスト。インフラ運用や構築なら Ansible などの自動化ツールの導入から。1歩1歩着実に、無理せず導入して根付かせる。クエリーの目指す、OSSを用いた業務改善の姿は、段階的なDevOpsにあります。 常に改善し続けるITこそ、クエリーが目指すITの姿です。

お客様に合わせたソリューションを

お客様の環境やニーズは多種多様です。流行やシェアも大事ですが、目的用途に適したOSSを使うことが、成功への近道です。

CI (Continuous Integration)
・Jenkins / circleCI ・SonarQube 
・Checkstyle ・FindBugs ・Selenium
・Junit / JaCoCo (EclEmma)
・Git / SVN (Subversion)
Languages
・Java ・JavaScript ・Perl
Framework
・Spring MVC ・Spring roo ・Struts2
・jQuery ・Node.js
Database
・MySQL ・PostgreSQL ・HyperSQL
・MongoDB ・Redis
Web Frontend Server
・Apache HTTP Server ・Nginx
Application Container
・Apache Tomcat ・Jetty ・JBoss
Identity Management
・OpenLDAP ・OpenAM ・OpenDJ
・RedHat Directory Server
Infrastructure Management
・Docker ・Ansible ・Serverspec
・PowerShell DSC ・OpenStack ・Vagrant
・Zabbix
Operating System & Hypervisor
・RHEL / CentOS ・Debian / Ubuntu
・VMWare ・OpenStack
・Windows全般 / Hyper-V
Ticket Tracking & Team Communitation
・Redmine ・OpenFire / Pidgin
Document & Knowledge Management
・MediaWiki ・DokuWiki ・Sphinx

クエリーでは、自動化以外にもさまざまなOSSを用いた、お客様に合ったソリューションを提供致します。 上記以外のOSSについても、お気軽にご相談ください。

OSSによる自動化ソリューション
についてのお問い合せ

些細なことでも真剣にお答えいたします。
ぜひお気軽にご相談下さいませ。

<営業窓口>
メール: 
電話:03-6206-3901

PAGE TOP